メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星や風をたよりに 丸木舟で台湾から与那国島へ 3万年前、祖先の旅 25日から挑戦

 約3万年前と考えられる大陸から日本への祖先の渡来再現を目指す国立科学博物館は18日、今月25日~7月13日に台湾―沖縄・与那国島間で、丸木舟を用いた人力の航海に挑戦すると発表した。出航日は天気や海流の状況を見て最終決定する。

 再現航海は草舟や竹いかだでも検討されたが、耐久性があり、時速4キロほどで航行できる丸木舟での実施を選択。到着地で定住し人口が増加したことを想定し、女性を含む5人が舟をこぐ。航行距離は200キロ以上となり、30~40時間ほどかかる見込み。

 出発地から与那国島は目視できないが、GPS(全地球測位システム)などは持たずに星やうねり、風を頼り…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです