メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消波ブロックにずぶぬれ子猫 海上保安官が救助 広島

尾道海上保安部が救助した子猫=尾道海上保安部提供

 18日午前10時半ごろ、広島県尾道市正徳町の吉和漁港防波堤から沖合約5メートルの消波ブロック上で、ずぶぬれの子猫が鳴いているのを近くの運送会社に勤める女性事務員が見つけた。女性の通報を受けた尾道海上保安部の保安官5人が陸と海から現場に急行し、震える子猫を救出した。

子猫の救出に向かう海上保安官ら=尾道海上保安部提供

 同部によると、子猫は全身が黒く体長は20センチほど。性別不詳で、首輪をしていなかった。防波堤から落ちて消波ブロックまで自力で泳いだとみられ、ゴムボートで接近した保安官3人のうち1人が素手で捕まえた。

 現場から西に約1キロ離れた保安部に連れ帰って体を拭いてやったところ、部屋の中を駆け回る子猫に保安官たちは悪戦苦闘。捕まえようとした4人がいずれもひっかき傷を負い、部下が負傷したという保安官は「愛嬌(あいきょう)があって可愛らしかったのに……」と苦笑していた。【手呂内朱梨】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです