メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

1948(昭和23)年12月29日の日記。「遂に来るべき判決の日は来た。絞首刑!これが私に与えられた判決である」=福岡市中央区で2019年6月17日、徳野仁子撮影

 太平洋戦争末期の福岡大空襲で母を亡くした翌日に米軍捕虜4人を処刑し、戦犯として絞首刑を言い渡された元陸軍大尉の獄中手記が、福岡市の遺族の元に残されている。福岡大空襲から19日で74年。手記は今夏、福岡県嘉麻市の碓井平和祈念館で初めて公開される。手記を貸し出す遺族は「被害と加害が連鎖する戦争の理不尽さを知ってほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文1762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです