メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

1948(昭和23)年12月29日の日記。「遂に来るべき判決の日は来た。絞首刑!これが私に与えられた判決である」=福岡市中央区で2019年6月17日、徳野仁子撮影

 太平洋戦争末期の福岡大空襲で母を亡くした翌日に米軍捕虜4人を処刑し、戦犯として絞首刑を言い渡された元陸軍大尉の獄中手記が、福岡市の遺族の元に残されている。福岡大空襲から19日で74年。手記は今夏、福岡県嘉麻市の碓井平和祈念館で初めて公開される。手記を貸し出す遺族は「被害と加害が連鎖する戦争の理不尽さを知ってほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文1762文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです