メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

レアル久保、真剣勝負の舞台で突きつけられた現在地

サッカー南米選手権【日本-チリ】前半、チリのビダルと競り合う日本の久保=ブラジル・サンパウロで2019年6月17日、AP

サッカー南米選手権1次リーグC組

 ●日本0-4チリ○(17日、ブラジル・サンパウロ)

 自らのショータイムのように、観客を魅了した1週間ほど前のデビュー戦とは打って変わって、仕事をさせてもらえなかった。代表初先発した久保建英(レアル・マドリード)は「悔しい」という言葉を繰り返した。現実は甘くはなかった。

 2トップの一角としてピッチに立った。試合開始早々、左サイドでボールを持つと、あいさつ代わりと言わん…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文553文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです