メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

激戦の2019年上半期の販売台数! 現在登録車トップのプリウスが逃げ切れないと予想されるワケ

情報提供:カートップ

激戦の2019年上半期の販売台数! 現在登録車トップのプリウスが逃げ切れないと予想されるワケ

軽自動車ナンバー1は今回もN-BOXでほぼ確定

 自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、それぞれ登録車と軽自動車の令和初となる、2019年5月の新車販売統計が発表された。そこで6月の販売台数統計が発表される前に、2019暦年締めでの上半期(2019年1月から6月)販売台数トップ争いの行方を予想してみた。

 まず全軽自協統計によると、5月も販売台数トップはホンダN-BOXとなり、2019年1月からの累計販売台数は10万7628台となっている。2位のスズキ・スペーシアは1月からの累計販売台数は7万6943台となり、トップのN-BOXとの差は3万685台となっているので、2019暦年での軽自動車上半期販売台数ナンバー1は、N-BOXでほぼ確定となった。登録車販売トップのプリウスとはダブルスコアに近い差をつけているので、2019暦年締めでの上半期でもっとも売れた乗用車としても、N-BOXがほぼ確定となっている。

販売台数

 それでは登録車のみでの上半期販売台数ナンバー1は……と見ていくとかなり興味深い結果となっていた。登録車では日産ノートが、2018暦年締め、2018事業年度締めにおいて(2018年4月から2019年3月)それぞれの年間販売台数でトップとなっており、当然2019暦年締めでの上半期販売ナンバー1も狙っているのは間違いないのだが、自販連統計をもとに2019年1月から5月までの累計販売台数を調べると、5万6468台。一方トヨタ・プリウスが5万8184台となっており、その差はわずか1716台であるものの、いまのところプリウスがトップになっていたのである。

 3位のトヨタ・アクアの5月までの累計販売台数は5万1633台で、プリウスとの差は6551台となっているので、アクアが上半期販売ナンバー1になるのは、かなり厳しい。そのため登録車のみについては、ノートとプリウスは6月になって、登録車上半期販売台数ナンバー1獲得のために、熾烈な販売合戦を展開しているといっていいだろう。

販売台数

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです