連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

麻生さん もう限界だ=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なぜ自民党が国会審議をしたくないのかだけはよく分かった。例の「老後2000万円」問題を中心に、麻生太郎副総理兼財務相が出席して開かれた衆参委員会でのやり取りを聞いてそう思った。

 麻生氏は金融庁の報告書の受け取りを拒否した理由について「政府のスタンスと違う」等々と語った。だが問題が浮上した当初「今のうちから考えておかないといけないということを金融庁として言っておいた方がいいというのが基本的な考え方だ」と報告書の意義を強調したのは麻生氏本人だ。

 一体政府のスタンスとは何なのか。先週の国会では(野党が質問するに決まっているのに)、自分が年金を受け取っているかどうかも分からないと答弁し、国民感情を逆なでする結果となった。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文945文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集