メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

邦訳で共感集める韓国作品

ジュンク堂書店池袋本店

 現在、11の出版社が合同で「韓国文学フェア」を開催している。全国100以上の書店が順次参加し、今回で2回目。近年、大手を含む出版社の韓国文学邦訳への参入の動きが広がっており、フェアはその刊行点数の増加と好調な売れ行きを示しているといえる。

 韓国文学を巡っては、昨年末に日本語訳が刊行されたチョ・ナムジュさんの『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)が、累計発行部数13万部を記録し、翻訳文学としては異例のヒットになっている。女性にとって、差別が根強く生きづらい社会を描き、日本でも大きな共感を得た。また、アイドルグループBTS(防弾少年団)のメンバーが愛読していることで話題になった、キム・スヒョンさんのエッセー集『私は私のままで生きることにした』(ワニブックス)は、2月の刊行以来、15万部を発行している。

 これらヒットも後押しし、韓国の小説やエッセーへの注目度や認知度が上がっている。韓国の翻訳文学は日本…

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  4. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

  5. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです