メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青春がしたかった

いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

仏壇に置かれた憲さんの遺影(中央奥)。母親(右)は遺影を見る度に昨日のことのように思い出すという=いずれも青森県野辺地町内で2017年5月

 いじめを受けていた息子が命を絶ったのは、学校が始まる月曜日だった。その日の朝、心配した母親が「憲、今日大丈夫だべか?」と念を押すと、息子は「お母さん、大丈夫だよ」と言って出ていった。「私がまた戸を開けて、『大丈夫かぁ?』と声をかけた時も、『お母さん、大丈夫だってば』と手を上げて行った。それが最後。私は見抜けないと思う。明るく手を振っていったんだから」

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです