メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
光を求めて

旧優生保護法を問う/上 棄却された国への賠償請求 原告失望「もう時間ない」 救済立法の必要性指摘 /宮城

旧優生保護法を違憲と判断したものの、原告の請求を棄却した仙台地裁の法廷=いずれも5月28日、仙台市青葉区で、代表撮影

 「原告らの請求をいずれも棄却する」

 5月28日午後3時、仙台地裁101号法廷。裁判長の乾いた声が響いた。旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、国を訴えた訴訟の全国初の判決は原告2人の賠償請求を棄却するものだった。閉廷後に記者団の取材に応じた弁護団長の新里宏二は「8合目まで来たのに落とされた」と動揺を隠さなかった。

 判決で旧優生保護法に対する違憲判断は下ったが、原告への国家賠償が認められなければ勝訴とは言えない。…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1177文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです