’19知事選

戦いの構図固まる 青島氏「魅力ある埼玉に」 大野氏「政策の議論を」 行田氏「草の根で戦う」 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
知事選への出馬を表明した青島健太氏=さいたま市のホテルで
知事選への出馬を表明した青島健太氏=さいたま市のホテルで

 任期満了に伴う知事選(8月8日告示、25日投開票)で、自民党県連が出馬要請していたスポーツライターの青島健太氏(61)が18日、無所属での立候補を表明し、選挙戦の構図がほぼ固まった。これまで知事選には国民民主党に同日離党届を提出した大野元裕参院議員(55)と希望の党を離党した行田邦子参院議員(53)が無所属での立候補を表明しており、現職の上田清司知事(71)は不出馬を表明。新人3氏と、共産が擁立する候補者らによる激戦となりそうだ。【鷲頭彰子】

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文914文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集