メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

戸田の写真家・佐藤さん、旅して撮った四季の風景 新潟で95点展示 /埼玉

訪れた人に作品を説明する佐藤尚さん(左)=新潟県南魚沼市の池田記念美術館で

 日本全国を車で旅しながら写真を撮り続けている戸田市の風景写真家、佐藤尚(たかし)さん(56)の写真展が、新潟県南魚沼市浦佐の池田記念美術館で開かれている。「こよなく愛する」という魚沼地方の写真も展示。四季折々の変化や人々の暮らしぶりなど合わせて95点が並ぶ。

 佐藤さんは福井県大野市生まれ。写真の専門学校を卒業後に写真業界に入り、1990年にフリーになった。以来、現在の撮影スタイルで全国各地を巡り、魚沼地方には約20年前から足しげく通うようになった。

 「47ぼくのより道」のタイトル通り、北海道から沖縄県まで全47都道府県に足を運んだ。北海道美瑛町で撮った「カラフル」は、腰をかがめてタマネギ苗の植え付け作業をする人たちの姿を色鮮やかにとらえた。沖縄県石垣市の「働く」は、収穫したサトウキビを荷台に積んだ軽トラックが行き、道路の先には真っ青な海が広がる。長野県では、田植えを手伝う幼い2人の子供たちと出会った。青空の下、緑色の早苗が風に揺れ、あぜに腰…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです