メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三島由紀夫文学館

20周年記念する特集展 取材ノートなど展示 山中湖 /山梨

俳優の色紙。左から岸田今日子さん、中山仁さん、村松英子さんの直筆=山梨県山中湖村で

 作家、三島由紀夫(1925~70年)の文学資料を展示する「三島由紀夫文学館」(山中湖村平野)で開館20周年を記念する特集展「文学館、20歳(はたち)の歩み」が開かれている。10月14日まで。

 三島の死後、膨大な原稿の多くが未整理のまま三島邸に残された。遺族は文学資料が散逸しないよう公共機関での保存を希望し、山中湖村が進めていた「文学の森」構想の一環で、同文学館は99年にオープンした。山中湖は三島の作品「暁の寺」にも登場する。

 20年間で収集した資料は2万点を超える。今回の展示では、三島の取材・創作ノートなどの文学資料、幼少…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです