メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

フィンランドのイラストレーター マッティ・ピックヤムサさん(42) 身近な芸術家でいたい

似顔絵イベントで完成した絵を手にするマッティ・ピックヤムサさん=大阪市北区角田町の阪急うめだ本店で、岡橋賞子撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

将来の夢?忙しくなり過ぎないこと。

 温かみのある絵本などで知られるフィンランドのイラストレーター、マッティ・ピックヤムサさん(42)がこのほど来日し、京阪神の百貨店や雑貨店でイベントに参加した。5月に同国のNPOによる「イラストレーター・オブ・ザ・イヤー」の第1回受賞者に選ばれたばかり。日本が大好きという気鋭のアーティストは「一番大切にしているのは、絵を描くのを自分が楽しめること」と語る。【岡橋賞子】

 温かなタッチと美しい色彩、大胆な構図が特徴。ムーミンの作者、トーベ・ヤンソンも選ばれた児童文学賞な…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1188文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです