メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田辺聖子さん死去

しのんで 県内図書館で追悼の催し 色紙・サイン本展示 伊丹市立図書館「ことば蔵」 /兵庫

田辺聖子さんの訃報を伝える新聞記事や著作などを紹介する追悼展示=兵庫県伊丹市宮ノ前3の市立図書館「ことば蔵」で、近藤諭撮影

 6日に91歳で死去した作家の田辺聖子さんが名誉館長を務めた伊丹市立図書館「ことば蔵」(同市宮ノ前3)で、田辺さんの直筆サインや著作などを紹介する追悼展示が開かれている。来月7日ごろまで。

 田辺さんは同市に40年以上在住。2008年に伊丹大使となり、09年に名誉市民の称号が贈られた。12年7月に開館したことば蔵の名誉館長にも就いた。

 追悼展示では、2階の「伊丹作家コーナー」に、田辺さんが好きな言葉「まいにちバラいろ」と書かれた直筆…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. 和歌山市の5分の1の世帯が19~22日に断水 漏水の修繕工事で

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  5. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです