メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コミュニティーバス

王寺駅へ 斑鳩町が来春までに実現方針 /奈良

1台で運用する奈良県斑鳩町のコミュニティーバス。2020年4月までの王寺駅乗り入れを目指す=同町役場で、熊谷仁志撮影

 斑鳩町は、住民の要望が強い町コミュニティーバスの王寺駅乗り入れを来年4月までに実現する方針を固めた。運行ルートは複数案を検討中だ。また、現行の運賃100円を維持すれば、競合する民間の路線バス(初乗り190円)と大きな差が生じるため、利用者が払う料金と町の負担についても調整を進めている。

 斑鳩町のコミバスは今年3月まで、町役場を起点に車両2台で各4便計8便を運行していたが、利用者低迷で4月から1台4便に減らした。一方で、利用促進のため、70歳以上の町民の運賃を無料にし、隣接する王寺町に最も近いバス停「笠町」で降り、王寺駅まで民間バスを乗り継いだ際の運賃190円を町が…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです