メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

長弓寺(生駒市) 力強さと優美さ感じる本堂 心を落ち着けお参り /奈良

長弓寺の本堂(国宝、鎌倉時代)=奈良県生駒市で、塩路佳子撮影

 生駒市北部の富雄川沿いに、国宝の本堂を持つ長弓寺がある。奈良時代に聖武天皇の命で建てられたとされる古刹(こさつ)だ。あじさいが見ごろを迎えた今月中旬、境内を歩いてみた。【塩路佳子】

 「真弓山長弓寺」の名前は、奈良時代にこの辺りで権勢を誇った豪族、小野真弓長弓(おののまゆみたけゆみ)に由来する。寺に伝わる縁起には、息子と狩りに出た長弓が、息子の放った流れ矢に当たって亡くなり、聖武天皇が供養のために行基にお堂を建てさせたことが始まりと記されている。

 山門から真っすぐ延びる松並木の参道を歩くと、色とりどりのあじさいが咲いていた。約1000株あるとい…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1178文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです