メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タッチパネル式案内板

JR高知駅に設置 外国語にも対応 音出る仕掛けも /高知

外国語にも対応したタッチパネル式観光案内板が登場=JR高知駅で、北村栞撮影

 ジェイアール四国企画(高松市)と広告代理店「表示灯」(名古屋市)が、タッチパネル式観光案内板をJR高知駅に設置した。JR四国管内の駅では初めて。日本語の他、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語に対応しており、国内外の観光客に県内観光地などの情報をわかりやすく提供できそうだ。

 訪日外国人が増加していることから、より観光を楽しんでもらおうと設置した。発表によると、案内板の大きさは縦2・04メートル、横2・67メートル…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  4. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです