メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
絵本においで!

自分は自分 とんでもない/オレ、カエルやめるや /福岡

とんでもない

 毎日の暮らしで不安が募り、気持ちが弱ると、つい他人と比べて「なぜ自分は……」と落ち込むことがありませんか?「とんでもない」の主人公は、ごく普通の男の子で、何も取りえがない気がして、よろいのような立派な皮を持ったサイがうらやましくてたまりませんでした。

 ところが、そんな気持ちを知ったサイは「とんでもない!」。男の子があこがれる皮も、サイは「重いんだよ」と不満を感じていて、願わくは皮を脱ぎ捨て、身軽に跳びはねるウサギになりたがっています。でも、ウサギにもまた困り事があり、めぐりめぐって、男の子のような「にんげんの子ども」があこがれの対象に。さて男の子の反応は……?

 この本を紹介した時、小学校の先生から「良い本に出会わせてもらった」と感謝されました。「自分を大切に…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文755文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです