メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農水ファンド

社長に報酬2280万円 農相、見直し示唆 業績連動に

 約92億円の累積損失が判明した農林水産省所管の官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)」で、役員が業績と関係なく最高で年2280万円の報酬を受けていた。これに関し、吉川貴盛農相は18日、閣議後の記者会見で、「業績連動型になっていない。見直すべきかはA-FIVEで検討すべきだが、必要に応じて指導、助言はしていかなければならない」と述べ、現在の報酬体系の見直しを示唆した。

 農水省によると、A-FIVE役員の報酬は、事務次官の年間給与(約2337万円、2018年人事院勧告…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです