メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

徴用工賠償 仲裁委設置、韓国応じず

元徴用工訴訟を巡る経緯と今後の予想される展開

 元徴用工への賠償を日本企業に命じた韓国最高裁判決を巡り、日本政府からの日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置要請に対し、韓国政府は仲裁委員の任命期限となる19日午前0時までに、応諾するかを回答しなかった。日本側は日韓が人選する形式をあきらめ、日韓がそれぞれ選ぶ第三国に委員の指名を委ねる手続きに移る。問題のさらなる長期化は必至で、今月28~29日の主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた日韓首脳会談も見送りの公算が大きくなっている。【小山由宇、秋山信一、ソウル堀山明子】

この記事は有料記事です。

残り1995文字(全文2235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです