メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ゲーム障害

治療指針 厚労省、策定へ 骨太の方針明記

 オンラインゲームなどにのめり込み日常生活に支障をきたす「ゲーム障害」について、厚生労働省は治療指針の策定や相談対応できる専門人材の育成に乗り出す方針を決めた。5月に世界保健機関(WHO)がゲーム障害を新たな依存症と認定したことを受け、対策を本格化させる。政府の経済財政運営の指針「骨太の方針」にも初めて盛り込み、来年度予算の概算要求に必要経費を計上する。

 ゲーム障害はスマートフォンやタブレット端末の普及に伴って世界各地で問題化し、WHOは2022年から…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです