メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

野田市の女児虐待死事件 子どもたち守る意識強く=町野幸(千葉支局)

事件後、女児が亡くなったアパートの部屋の前には多くの花やお菓子が供えられていた=千葉県野田市で2019年2月15日、町野幸撮影

 千葉県野田市で1月、親から虐待を受けた小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が死亡した事件などを受け、児童相談所の体制強化を図る改正児童虐待対策関連法が19日、国会で成立する見込みだ。千葉県政の担当記者として事件を発生当初から取材してきたが、取材を続けるほど、児相や市が女児の訴えにきちんと耳を傾けていたのか、疑問は募っていった。法改正されても、最悪の事態を防げるかどうかは、子どもたちと接する現場職員の意識や対応スキルにかかっている。そして、周囲の大人たちが虐待が疑われる事案に接したとき、子どもたちを守ろうと強い意識を持つことが大切だと実感した。

この記事は有料記事です。

残り1755文字(全文2034文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです