メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

「熱い韓国」が凍る瞬間 ソウル支局・堀山明子

 5月末から数日間、私の携帯電話は夜中も韓国外務省からの着信通知音が鳴り続けた。5月29日にハンガリーのドナウ川で、韓国人33人と現地乗組員2人を乗せた遊覧船が沈没した事故があり、捜索状況に関する報道発表だ。

 文在寅(ムンジェイン)大統領は「最後まで最善を尽くす」と表明し、外相を本部長とする現地対策本部を発足。急派された救助隊は7人の生存、25人の死亡を確認後、残る行方不明者3人の捜索を今も続ける。テロではない海外の事故で、政府がここまで対応す…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです