大和ハウス

施工不備、新たに1900棟 再調査で倍増

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
建築不正問題の調査結果を発表し、謝罪する大和ハウス工業の芳井敬一社長(左)ら=大阪市中央区で2019年6月18日午後5時33分、小松雄介撮影
建築不正問題の調査結果を発表し、謝罪する大和ハウス工業の芳井敬一社長(左)ら=大阪市中央区で2019年6月18日午後5時33分、小松雄介撮影

 大和ハウス工業は18日、全国で建てた住宅に施工不備があった問題で、新たに約1900棟に不備があったと発表した。当初は2000棟超だったが、再調査した結果、倍増した。物件を探す社内システムに問題があり、調査から漏れていた。

 施工不備は2001年以降に供給した戸建てと賃貸住宅において、柱や基礎で仕様と異なる工事をしていた。05年に社内の物…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集