メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

株主総会で聞きたい生の声=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 株主総会の季節が来た。総会では通常、前期の業績報告のあと、配当等の剰余金処分や取締役の選任議案などの決議事項が続く。時間の限りもあるので、多くの場合、企業側が事前に主要株主や投資家の元に出向いて議案の説明を行う。このような面談の機会も直接生の声が聞けるので、総会に劣らず貴重である。

 こうした株主や投資家との議論では、論点が多岐に及ぶようになってきたことが最近の特徴である。

 もちろん、株価や企業価値拡大のための経営戦略、なかんずく成長戦略に関する事項が最大関心事であること…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文714文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです