メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家・半藤一利さん

「戦争だけは絶対はじめてはいけない」 絵本に込めた反戦の願い 来月出版「体験」を次代へ

初めて出版する絵本「焼けあとのちかい」について話す半藤一利さん=東京都世田谷区で2019年6月5日、宮本明登撮影

 元「文芸春秋」編集長で作家の半藤一利さん(89)が東京大空襲から生き延びた体験を書いた絵本「焼けあとのちかい」(大月書店)が7月に出版される。多数の著書を執筆してきたが、自身の戦争体験を書いた絵本は初めて。「戦争だけは起こしてはいけないということを子どもたちに感じてもらえれば」と願っている。【川上珠実】

 東京の下町に暮らし、小学生のころはメンコとベエゴマが大好きだった半藤少年。やがて太平洋戦争が始まり、中学2年の1945年3月10日に東京大空襲に見舞われた。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1178文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです