メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

サクラエビ不漁、保護手探り

 <くらしナビ・環境>

 国内で唯一、駿河湾で行われているサクラエビ漁で記録的な不漁が続いている。昨年は資源確保を優先して「秋漁」を取りやめた。今年の「春漁」も水揚げが振るわず、期間終了を前に漁を打ち切る事態となっている。

 ●経験則通用せず

 「潮の流れ、水温、月齢。豊漁の条件とされた先輩の経験則がことごとく通用しない。なぜ取れないのか、複合的な要因としか……」。サクラエビ漁を統括する静岡県桜えび漁業組合(静岡市清水区)の実石正則組合長は語った。

 今月上旬、静岡市清水区の由比港は閑散としていた。今年の春漁は、過去最低だった昨年の3分の1以下とい…

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです