メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 国民年金保険料 産前産後の免除制度活用を=白十字訪問介護ステーション統括所長・秋山正子

 あまり目立った報道がなかったように思う新しい制度が今年の4月から施行されている。ご存じだろうか。

 日本年金機構ホームページの4月1日のお知らせに、「国民年金保険料の産前産後期間の免除制度」と題して、以下のように記載がある。

 「次世代育成支援の観点から国民年金第1号被保険者が出産を行った際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が平成31年4月1日から始まりました」。免除の期間は出産予定日または出産日が属する月の前月から4カ月間となっている。

 双子や三つ子など多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3カ月前から6カ月間免除となる…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1110文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです