メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

アジアCL 決勝T1回戦 鹿島、勝負強さ健在

 「鹿島にACLを獲(と)らせるために降臨した男」--。前回大会途中から加入し、5戦連続得点を記録するなどクラブのアジア初制覇に貢献したセルジーニョは、ファンからソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でそう形容された。この日は決勝ゴールでチームを8強入りに前進させ、今季もその呼び名がふさわしいことを示した。

 前半24分、ハーフウエーライン付近でボールを持った土居がドリブルでペナルティーエリア内深くまで進入した時点で「クロスが上がると信じていた」という。決定機が来ることを察知し、ゴール前左から上がったクロスに反応すると、相手と競り合いながらも頭で合わせ、ボールと一緒にゴールに飛び込んだ。「相手より先にボールに触れられて良かったよ」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです