メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待

親支援で再発防止 負の連鎖、断ち切る

カウンセリングを受け、自分が暴力を振るってしまう原因と向き合おうとしている男性=東海地方で2019年6月3日、村田拓也撮影

 19日に成立する見通しとなった改正児童虐待対策関連法は、親に子どもへの体罰を禁じ、児童相談所(児相)に再発防止へ向けた親の指導を求めている。我が子との同居を目指してカウンセリングを受ける東海地方の40代男性は、父親から暴力を受けた経験が背景にあると指摘された。「暴力を振るってしまう原因を突き止め、納得することで変われるチャンスがある」と語る。

 男性は約6年前、妻を殴るなどして死亡させ、傷害致死罪で実刑判決を受けた。3人の子どものうち2人は実…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです