新たな被害防げるか 改正児童虐待対策法成立、来年4月1日施行 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院本会議で改正児童虐待防止関連法が全会一致で可決、成立し一礼する根本匠厚生労働相(手前)=国会内で2019年6月19日午前11時6分、川田雅浩撮影
参院本会議で改正児童虐待防止関連法が全会一致で可決、成立し一礼する根本匠厚生労働相(手前)=国会内で2019年6月19日午前11時6分、川田雅浩撮影

 児童相談所(児相)の体制強化や親の体罰禁止を柱とする改正児童虐待対策関連法は19日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。一部を除き、来年4月1日に施行される。

 改正法は児相に医師と保健師の配置を義務づけ、職員を子どもの一時保護を担当する「介入」と「保護者支援」に分けて機能強化を図る。虐待された子どもの支援を継続するため、転居時は児相と関係機関で速やかに情報共有する。虐待とドメスティックバイオレンス(DV)の関…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

あわせて読みたい

注目の特集