メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「みかじめ料」払った店も即座に罰則 五輪控え都が暴排条例改正案 19日にも可決

JR鶯谷駅周辺で「暴力団排除ローラー」として店舗を回り、啓発のためのシールを手渡す警視庁の捜査員=東京都台東区で2019年4月23日午後5時8分佐久間一輝撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、繁華街からの暴力団排除を強力に進めようと、東京都は暴力団排除条例の改正案を6月都議会に提出している。暴力団が飲食店や風俗店などから集める「みかじめ料」や「用心棒代」について、支払った店側にも即座に罰則(1年以下の懲役または50万円以下の罰金)を科す規定を設けている。19日午後にも可決される見通しだ。

 みかじめ料は、暴力団が店を営業することを容認する代わりに店から得る金銭で、用心棒料は客などとのトラ…

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1525文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです