山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
横倒しになった渡会本店の展示用ショーケース=山形県鶴岡市大山で2019年6月19日午前7時49分、長南里香撮影
横倒しになった渡会本店の展示用ショーケース=山形県鶴岡市大山で2019年6月19日午前7時49分、長南里香撮影
一升瓶が入ったケースの山が崩れて散乱する保冷庫を確認する渡会俊仁社長=山形県鶴岡市大山で2019年6月19日午前7時50分、長南里香撮影
一升瓶が入ったケースの山が崩れて散乱する保冷庫を確認する渡会俊仁社長=山形県鶴岡市大山で2019年6月19日午前7時50分、長南里香撮影

 山形県鶴岡市大山の老舗酒造「渡会(わたらい)本店」では、保冷庫にあった出荷用の一升瓶などがケースごと倒れた。1000本以上が割れるなど大きな被害を受けたという。周囲には酒の香りが充満。観光客向けの展示ショーケースも倒れた。

 日本酒は冬場に仕込み、現在は出荷時期。地震発生直後に自宅から駆け付けた渡会俊仁社長(55)は「ほとんど割れているが、これは仕方がないね。けが人がなくて良かった。タンクにひび割れがないので、それだけでも良かった」と淡々と話した。渡会社長によると、同市大山地区にある同社を含む5軒の酒蔵で被害が出ているという。【長南里香】

あわせて読みたい

注目の特集