メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦世そして 沖縄戦74年

フェンスの向こうに消えた「古里」 86歳の元基地労働者が語る普天間飛行場

建設中の米軍普天間飛行場=1945年6月撮影(沖縄県公文書館所蔵)

 米軍新型輸送機オスプレイが重低音を響かせながらフェンスの先の滑走路に降下していく。沖縄県宜野湾市の中心部を占める米軍普天間飛行場。200メートル離れた場所で暮らす玉那覇祐正(たまなは・すけまさ)さん(86)の古里は太平洋戦争末期の沖縄戦の後、このフェンスの中にのみ込まれ消えた。

村人の誇りだった松並木

 「目を閉じれば、懐かしい光景が全部浮かんできます」。古里は戦前、宜野湾村(当時)の中心地だった。街道に並ぶ料亭や商店、かやぶきの家屋、郊外に広がる芋やさとうきびの畑。とりわけ、国の天然記念物に指定されていた約6キロの松並木は村人の誇りで、子供たちの格好の遊び場だった。

 そんなのどかな集落に日本軍が来たのは地上戦1年前の1944年ごろ。国民学校や玉那覇さんの家に軍人が…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1376文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです