メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西テレビ・ヘイト放送問題 「我々の感度低かった」社長会見のおもなやりとり

関西テレビの社屋=大阪市北区で2019年6月19日、大西達也撮影

 関西テレビがバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、ヘイトと受け取られかねない出演者の発言を放送した問題についての記者会見でのやり取りは以下の通り。

 ――韓国やリストカットする女性をおとしめるような発言を編集せずに放送したことへの見解は。

 羽牟正一・新社長 後日、番組を視聴した第一印象では非常に違和感があった。認識、意識、配慮に欠けた放送で、大変、視聴者の皆さんに申し訳ない。送り手として、こういう放送によって傷つく方がいるという想像力やいろいろな判断が欠けていたことは事実。人権はじめ放送によるあらゆる認識において、もう一度再確認しないといけない。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1266文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです