メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西テレビ・ヘイト放送問題 「我々の感度低かった」社長会見のおもなやりとり

関西テレビの社屋=大阪市北区で2019年6月19日、大西達也撮影

 関西テレビがバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、ヘイトと受け取られかねない出演者の発言を放送した問題についての記者会見でのやり取りは以下の通り。

 ――韓国やリストカットする女性をおとしめるような発言を編集せずに放送したことへの見解は。

 羽牟正一・新社長 後日、番組を視聴した第一印象では非常に違和感があった。認識、意識、配慮に欠けた放送で、大変、視聴者の皆さんに申し訳ない。送り手として、こういう放送によって傷つく方がいるという想像力やいろいろな判断が欠けていたことは事実。人権はじめ放送によるあらゆる認識において、もう一度再確認しないといけない。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです