メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「こんなに弱いのに…」米エール大名誉教授が読み解く「タイガースの社会人類学」

阪神タイガースの研究成果をまとめた自らの著書を手にするウィリアム・ケリーさん=2019年6月(著者提供)

 プロ野球・阪神タイガースの研究を続ける米エール大の名誉教授がいる。関西の熱狂的な虎ファン、大見出しが躍るスポーツ新聞、グラウンドとフロントの関係――。大リーグのファンでもある文化人類学者の目には、すべてが新鮮に映ったという。著書「虎とバット 阪神タイガースの社会人類学」(ダイヤモンド社、20日発売)にまとめたウィリアム・ケリーさん(72)が描く阪神タイガースとは?

 「こんなに弱いのに何で人気球団なのか?」

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです