メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に

一回、アストン・パリクテ(左)を攻める井岡一翔=千葉市美浜区の幕張メッセで2019年6月19日、玉城達郎撮影

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦は19日、千葉・幕張メッセで行われ、同級2位の井岡一翔(Reason大貴)が同級1位のアストン・パリクテ(フィリピン)に十回TKO勝ちし、日本男子初の4階級制覇を達成した。

 井岡は2017年末に現役引退を表明したが復帰。昨年末にマカオであった同級王座決定戦で4階級制覇に挑んだが、ドニー・ニエテス(フィリピン)に敗れた。その後、ニエテ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです