井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一回、アストン・パリクテ(左)を攻める井岡一翔=千葉市美浜区の幕張メッセで2019年6月19日、玉城達郎撮影
一回、アストン・パリクテ(左)を攻める井岡一翔=千葉市美浜区の幕張メッセで2019年6月19日、玉城達郎撮影

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦は19日、千葉・幕張メッセで行われ、同級2位の井岡一翔(Reason大貴)が同級1位のアストン・パリクテ(フィリピン)に十回TKO勝ちし、日本男子初の4階級制覇を達成した。

 井岡は2017年末に現役引退を表明したが復帰。昨年末にマカオであった同級王座決定戦で4階級制覇に挑んだが、ドニー・ニエテス(フィリピン)に敗れた。その後、ニエテ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集