メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に

一回、アストン・パリクテ(左)を攻める井岡一翔=千葉市美浜区の幕張メッセで2019年6月19日、玉城達郎撮影

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦は19日、千葉・幕張メッセで行われ、同級2位の井岡一翔(Reason大貴)が同級1位のアストン・パリクテ(フィリピン)に十回TKO勝ちし、日本男子初の4階級制覇を達成した。

 井岡は2017年末に現役引退を表明したが復帰。昨年末にマカオであった同級王座決定戦で4階級制覇に挑んだが、ドニー・ニエテス(フィリピン)に敗れた。その後、ニエテスは王座を返上し、空位になっていた。井岡の日本での試合は約2年2カ月ぶりだった。

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチも同所で行われ、スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が同級10位のタナワット・ナコーン(タイ)に3―0で判定勝ちした。京口は昨年末に同級王座を獲得し、ミニマム級に続く2階級制覇を達成。ライトフライ級はこれが初防衛になった。京口は戦績を13戦全勝(9KO)に伸ばした。

 また、WBO女子スーパーフライ級王座決定戦は日本と東洋太平洋のバンタム級王座を持つ吉田実代(EBISU K’sBOX)がケーシー・モートン(米国)に3―0で判定勝ちし、新王者になった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです