メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTの存在 スポーツならポジティブに 東京五輪間近、今だからできること 女子サッカー・下山田志帆さん

インタビューに答える下山田志帆さん=東京都千代田区で2019年6月10日、尾籠章裕撮影

 ドイツでサッカーのプロ選手として活躍し、同性愛者であることを告白した下山田志帆さん(24)が東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。2020年東京五輪・パラリンピックを前に告白した思いや偏見解消に向けた活動への思いなどを聞いた。【聞き手・円谷美晶】

 ――自分のセクシュアリティーをいつ自覚しましたか。

 ◆小さい頃から女の子扱いされるのが嫌でした。女性を好きだと自覚したのは高校生の時です。

この記事は有料記事です。

残り2356文字(全文2552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです