メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ミニョレ退団が濃厚なリヴァプール、後釜としてセインツGKに関心か

情報提供:サッカーキング

リヴァプールがミニョレの後釜として関心を示すマッカーシー [写真]=Getty Images
 リヴァプールがサウサンプトンに所属するイングランド代表GKアレックス・マッカーシーの獲得に関心を示しているようだ。18日、イギリス紙『イヴニング・スタンダード』が報じた。

 30歳のマッカーシーは、2016-17シーズンから所属するサウサンプトンで公式戦50試合に出場し、通算成績として失点「73」、クリーンシート「13」を記録。2017-18シーズンのクラブ年間最優秀選手に選ばれ、昨年11月にはイングランド代表にも初召集された。

 しかし、今シーズン途中から“セインツ”の指揮を執るラルフ・ハーゼンヒュットル監督が正GKにイングランドU-21代表GKアンガス・ガンを抜てきしたことで、シーズン終盤のマッカーシーはベンチを温める日々を過ごすことになった。

 一方のリヴァプールは、昨夏にローマから加入したブラジル代表GKアリソンの活躍によって、今季の公式戦出場を2試合のみに留めたベルギー代表GKシモン・ミニョレの今夏の退団を容認する模様で、新たな控えGKの獲得に動くようだ。

 同クラブはその候補としてマッカーシーに関心を示している模様で、同選手も世界屈指の名門加入に前向きだという。

【関連記事】
●将来が不透明なカリウス、新たな正GKを探すローマが関心か
●リヴァプール、退団濃厚のミニョレの後釜に23歳のトルコ代表GKを獲得か
●ファン・ダイク、マネ、ポチェッティーノ監督…CL決勝に臨む“セインツ”OBたち
●リヴァプール、再びフェキルに関心か…昨夏は一時合意も移籍実現せず
●出場機会激減のララーナはセインツ復帰希望か…両クラブも移籍に前向き?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです