メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪
サッカーキング

ミニョレ退団が濃厚なリヴァプール、後釜としてセインツGKに関心か

情報提供:サッカーキング

リヴァプールがミニョレの後釜として関心を示すマッカーシー [写真]=Getty Images
 リヴァプールがサウサンプトンに所属するイングランド代表GKアレックス・マッカーシーの獲得に関心を示しているようだ。18日、イギリス紙『イヴニング・スタンダード』が報じた。

 30歳のマッカーシーは、2016-17シーズンから所属するサウサンプトンで公式戦50試合に出場し、通算成績として失点「73」、クリーンシート「13」を記録。2017-18シーズンのクラブ年間最優秀選手に選ばれ、昨年11月にはイングランド代表にも初召集された。

 しかし、今シーズン途中から“セインツ”の指揮を執るラルフ・ハーゼンヒュットル監督が正GKにイングランドU-21代表GKアンガス・ガンを抜てきしたことで、シーズン終盤のマッカーシーはベンチを温める日々を過ごすことになった。

 一方のリヴァプールは、昨夏にローマから加入したブラジル代表GKアリソンの活躍によって、今季の公式戦出場を2試合のみに留めたベルギー代表GKシモン・ミニョレの今夏の退団を容認する模様で、新たな控えGKの獲得に動くようだ。

 同クラブはその候補としてマッカーシーに関心を示している模様で、同選手も世界屈指の名門加入に前向きだという。

【関連記事】
●将来が不透明なカリウス、新たな正GKを探すローマが関心か
●リヴァプール、退団濃厚のミニョレの後釜に23歳のトルコ代表GKを獲得か
●ファン・ダイク、マネ、ポチェッティーノ監督…CL決勝に臨む“セインツ”OBたち
●リヴァプール、再びフェキルに関心か…昨夏は一時合意も移籍実現せず
●出場機会激減のララーナはセインツ復帰希望か…両クラブも移籍に前向き?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです