メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

スコットランド2部クラブの新ユニが話題に…LGBTの象徴を取り入れる

情報提供:サッカーキング

スコットランドのクラブとして初めてLGBTのレインボーをシャツに取り入れたパーティック・シッスル [写真]=Getty Images
 スコティッシュ・チャンピオンシップ(スコットランド2部)のパーティック・シッスルが2019-20シーズンに着用するアウェイ・ユニフォームが話題を呼んでいる。18日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

 ユニフォームは白を基調にデザインされ、襟元と袖口にはクラブカラーの赤色と黄色が、肩と脇腹部分にはLGBT運動の象徴である6色のレインボーがそれぞれ配置されている。

 クラブCEOのジェリー・ブリトン氏は、デザインを採用した経緯について、「包括性についてはっきりと表現したかったことから、ユニフォームの特長にレインボーを取り入れる着想を得たのです」と説明した。

 また、同氏はその目的も明かし、「『パーティック・シッスルは誰にでも開かれたクラブで、いかなる形での差別も認めない』ということを、ユニフォームが示してくれることを心から願っています。フットボールはあらゆる分裂を大小問わずに助けられる素晴らしい世界共通語になるのです。私たちが愛するこのスポーツを通して、私たちのサポーター全員が歓迎されるようにできるのであれば、たとえそれがユニフォームの帯の色と言った単純なものを通してであっても、クラブとしては簡単な決断なのです」と語っている。

【関連記事】
●UEFA、EqualGame賞を元フィテッセ主将に授与…“平等”に対し勇気ある行動
●エドゥ氏がアーセナル復帰か…クラブ側が“史上初の役職”への就任を打診
●ロヴレンのミラン移籍に備え? リヴァプールがクリバリの代理人に接触か
●ミニョレ退団が濃厚なリヴァプール、後釜としてセインツGKに関心か
●アーセナルがスコットランドの若き左SBを狙う…指揮官が獲得熱望

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです