メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

警察当局で聴取を受けたプラティニ氏が釈放…「さまざまなことについて聞かれた」

情報提供:サッカーキング

フランス当局に身柄を拘束されていたミシェル・プラティニ氏が釈放された [写真]=Getty Images
 フランス当局に身柄を拘束されていた欧州サッカー連盟(UEFA)前会長のミシェル・プラティニ氏が19日、パリ近郊のナンテールで釈放された。

 2022年のワールドカップ開催国は、2010年に行われたFIFAの理事会で投票によりカタールに決定した。当時FIFAの副会長も務めていたプラティニ氏は、開催国決定の際、当時の会長ゼップ・ブラッター氏と共に贈収賄などの汚職に関わったとして、問題として浮上した2015年から4年間の活動停止を余儀なくされている。海外メディアは、当疑惑を常に否定してきたプラティニ氏が、汚職の容疑でフランスの警察当局に身柄を拘束されたと報じていた。

 プラティニ氏は釈放後にメディアの前に登場。同席した代理人を務める弁護士のウィリアム・バードン氏は「全ては事実無根です」と報じられていた汚職疑惑を否定した。さらに、「プラティニ氏は罪に問われてはいません。全く無関係の事件です。我々に近しい事件のため、捜査官たちが単に話を聞きたかっただけです」と、プラティニ氏に対して嫌疑がかかっていないことを強調した。

 プラティニ氏も今回の聴取について報道陣へ「さまざまなことについて聞かれた。2016年のユーロ、2018年のロシアW杯、カタールW杯、パリ・サンジェルマン、FIFAなどについてだ」と話した。

【関連記事】
U20の「世界2位」に高まる期待…逸材ひしめく韓国代表の“黄金世代”
セルジオ越後氏、チリ戦大敗に「実力差わかっていたが…」「本気の大会はチームが変わると知ってほしい」
仏当局が元UEFA会長プラティニ氏の身柄拘束…22年W杯招致の汚職を巡って
ウルグアイ代表選手が日本についてコメント…「簡単な相手ではない」「若くてアグレッシブ」
ついに我慢の限界? PSG、金額次第でネイマール売却を承諾か

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです