メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカーキング

杉本健勇が先制弾も…浦和、蔚山現代にホームで痛恨の逆転負け喫する

情報提供:サッカーキング

浦和レッズはホームで蔚山現代(韓国)と対戦した [写真]=Getty Images
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが18日に行われ、浦和レッズ(日本)はホームで蔚山現代(韓国)と対戦した。

 浦和は3勝1分け2敗の勝ち点「10」でグループGを2位で通過。明治安田生命J1リーグ第15節のサガン鳥栖戦から先発を5人入れ替えて試合に臨んだ。一方の蔚山現代は、グループHを首位で通過していた。

 試合は37分、青木拓矢のクロスに杉本健勇が頭で合わせ、浦和が先制に成功する。しかし42分、同点に追いつかれ、前半を1-1で終えた。

 後半に入り、浦和は攻勢を強めるもなかなかゴールをこじ開けられずにいた。80分にはファン・ルイスにゴールを奪われ、蔚山現代に逆転を許した。浦和は最後まで攻め続けたが追いつくことはできず、このまま試合終了のホイッスルを迎えた。

 浦和が蔚山現代のホームに乗り込むACL決勝トーナメント1回戦セカンドレグは26日午後8時にキックオフを迎える。

【スコア】
浦和レッズ 1-2 蔚山現代

【得点者】
1-0 37分 杉本健勇(浦和レッズ)
1-1 42分 チュ・ミンギュ(蔚山現代)
1-2 80分 ファン・ルイス(蔚山現代)

【スターティングメンバー】
浦和レッズ(3-4-2-1)
西川周作;岩波拓也、鈴木大輔、槙野智章;森脇良太(72分 宇賀神友弥)、エヴェルトン、青木拓矢(85分 柴戸海)、山中亮輔;興梠慎三、武藤雄樹;杉本健勇(69分 汰木康也)

【関連記事】
●青森山田の“10番”武田英寿の浦和加入が内定「ファンの応援は日本一」
●川崎の長身MFカイオ・セザール、長崎へ期限付き移籍「皆さんに感謝」
●川崎の守田が道交法違反で検挙…内部処分として公式戦1試合の出場停止に
●ACLベスト16、日本勢対決は鹿島がセルジーニョの先制ヘッド弾で広島に先勝
●浦和に痛手、主将の柏木陽介が右膝関節軟骨損傷で離脱…全治約4週間

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです