メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

DFフンメルス、3年ぶりにドルトムント復帰…バイエルンと基本合意

情報提供:サッカーキング

3年ぶりにドルトムントへの復帰が決まったDFフンメルス [写真]=Getty Images
 バイエルンは19日、元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスのドルトムント移籍が基本合意に達したと発表した。同選手は3シーズンぶりのドルトムント復帰となり、両クラブは移籍金について口外しないことで合意しているという。

 バイエルンの下部組織出身のフンメルスは、2008年の1月に2年間のレンタル移籍でドルトムントへ加入すると、同年の夏に就任したユルゲン・クロップ監督(現リバプール)のもと主力選手として活躍し、完全移籍を果たした。2010-11シーズン、11-12シーズンに日本代表の香川真司らとともにブンデスリーガ2連覇を達成した。その後2016年7月に推定3500万ユーロ(約42億5000万円)の移籍金でバイエルンへ復帰した。

 フンメルスはドルトムントでメディカルチェックを受けた後、契約を締結する予定となっている。


【関連記事】
●ロッベン、15年ぶりにPSV復帰へ…元同僚の指揮官が獲得を熱望
●ドルトムントがファブレ監督との契約を延長…チームは優勝争いの手腕を評価
●去就不透明のベイル、バイエルンへのレンタル移籍を希望?
●今季限りでバイエルン退団のリベリー、現役続行に意欲「あと2年は…」
●DFBポカール1回戦の組み合わせが決定! 王者バイエルンは4部クラブと対戦

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  5. 第101回全国高校野球 三重大会 1回戦の8試合、きょうに順延 /三重

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです