メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

米国で伝える沖縄戦 78歳「風化させぬ」 県人会で講座

 米国本土には沖縄にルーツを持つ日系人が6万人以上いるとされる。その中に、ウチナーグチ(沖縄の言葉)など古里の文化や歴史を伝え続ける男性がいる。西部カリフォルニア州ロサンゼルス近郊に住む比嘉朝儀(ちょうぎ)さん(78)。中城村(なかぐすくそん)出身で、20万人以上が死亡した沖縄戦の体験者だ。毎年6月23日の「慰霊の日」が近づくと、平和の尊さをかみしめる一方、沖縄の米軍基地問題を複雑な心境で見つめている。【ロサンゼルス福永方人】

 「What isちゅらかーぎー?」「ちゅらmeans beautiful。ちゅらかーぎーis a …

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1168文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです