日銀

決定会合 大規模緩和維持 米中摩擦を警戒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀は20日、金融政策決定会合を開き、現行の超低金利政策の維持を賛成多数で決めた。米中貿易戦争の深刻化などで世界経済は先行き不透明感が増しており、日銀は現行の大規模緩和を続けて景気を下支えしつつ、経済の先行きを慎重に見極める方針だ。

 日銀は短期金利をマイナス0・1%、長期金利を0%程度に誘導する政…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集