メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・山形地震

TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」

避難所で一夜を明かしたサミュエル・ギーセカーさん=新潟県村上市勝木で2019年6月20日、北山夏帆撮影

 北から南へ徒歩で日本を縦断中、山形県鶴岡市の海岸付近で地震に遭遇し、新潟県村上市の避難所で住民らと一夜を明かした米ニュージャージー州在住の教師、サミュエル・ギーセカーさん(25)は、津波注意報を知らせる防災行政無線が聞き取れず、知人からの電話連絡で避難すべきことを知った。「大きな地震で、状況を把握できずにパニックに陥ってしまった」と当時の恐怖を語った。

     ギーセカーさんは昨年8月、日本縦断に挑戦した。ところが、北海道稚内市を出発した翌月に胆振東部地震に遭遇。長旅で左足首の炎症も悪化し、態勢を立て直そうと一時帰国した。

     「リベンジを果たす」と意気込み、今月上旬に青森県大間町から再スタートしたところ、今回の地震に見舞われた。「またか!」。当時、野宿のため鶴岡市の海岸付近にテントを張っていた。津波からの避難を呼びかける日本語の防災行政無線が聞き取れず、「何をすべきか分からないまま途方に暮れるしかなかった」。

     頭を抱えていると、名古屋市に住む知人から「津波が来るから避難所に逃げて」と電話連絡を受け、津波注意報の発表を知った。19日に村上市に到着し、近くの避難所を探し身を寄せた。

     ギーセカーさんは「日本は外国人観光客も多いので、国際的に知られている『ツナミ』という単語をゆっくり繰り返して放送するだけでも、外国人にとっては意味がある」と訴えた。【北山夏帆】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
    2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
    3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
    4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
    5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです