メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

慰安婦論争の映画「主戦場」 一部出演者、上映中止求める 監督「趣旨ねじ曲げていない」

映画「主戦場」の一場面(C)NO MAN PRODUCTIONS LLC

 「論争」がスクリーンの外に飛び火した。第二次世界大戦中の慰安婦問題を巡る「論争」をテーマとしたドキュメンタリー映画「主戦場」のことである。強制連行などを否定する出演者の一部が上映中止を求めると、監督側が反論。これに一部出演者側は提訴で応じ、論争は法廷での争いへと発展することになった。【井田純】

 「もしかして、彼らは映画の中の自分の発言を恥ずかしいと思っているのか、と考えることがあります」。出演者の一部が上映中止を求めている背景について質問されたミキ・デザキ監督(36)は、3日の記者会見でこう答えた。

 日本軍の関与や強制連行を否定する論者として映画に登場するのは、自民党の杉田水脈(みお)・衆院議員、…

この記事は有料記事です。

残り2475文字(全文2778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです