メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

皮膚病の薬 塗り方が大切 こする、擦り込むは逆効果

塗り薬の正しい使い方を説明する日野亮介院長=福岡県福津市の日野皮フ科医院で

 アトピー性皮膚炎など長引く皮膚の病気では、軟こうなどの塗り薬が有効だ。ただ、適量を塗らなかったり、勝手に中断したりすれば十分な効果は見込めない。医師の指示を守って使うことが大切だ。専門家は「病院を受診して薬をもらうだけでは症状は改善しない。塗り方こそが大切です」と話す。使い方の基本を聞いた。

患部を刺激しないで/優しく押さえ広げる/目立つ箇所を徹底的に

 日野皮フ科医院(福岡県福津市)の日野亮介院長によると、塗り薬には多様な種類と役割がある。

 皮膚の乾燥を防ぐ「保湿」、炎症を抑える「消炎」、細菌の繁殖を防ぐ「抗菌」、ニキビの治療薬には、毛穴…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1421文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです