メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 焦っても先が見えない。普通に生活していたころの感覚がどんどん遠のいていく。

 女性は短大を出たが就職できず、実家に5年間ひきこもった。「自分はだめな人間なんだ」

 川崎市の児童殺傷事件が起き、ひきこもりの人は怖いという声を聞く。決してそうではない。しかし女性は「私も、もしかして……」とさえ思う。振り返れば、それほど追い詰められていた。

 再起のきっかけは、ひきこもりの人を支援する認定NPO法人「ニュースタート事務局」(千葉県市川市)と…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文913文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです